トピックス

お知らせ

ポストコロナへ

新型コロナウイルス感染症の拡大は、時を選ばずやって来る感染症の脅威を私たちに示しました。多くの国民がその影響で傷を受けた今こそ、国県市町の連携が重要であり、制度づくりと予算を担う政治の果たす役割が大きいことを改めて自覚しました。その覚悟のもと、穏やかな日常を、取り戻すために、あらゆる施策を全力で実行していきます。

不安解消に向けた医療・検査体制の拡充

ポストコロナに向けた新たな日常づくりには、経済対策と感染症対策の両輪が重要です。国民の皆様の健康と安全を守ることを最優先に考え、必要な措置を実施していきます。

取り組みの一例
  • PCR検査を幅広く行い、各市町にそれぞれ医療提供体制の強化を図る
  • 戦略的な検査・監視体制の充実による感染症防止体制の確立
  • 中部国際空港が位置する地域だからこそ皆様に不安を与えないようにクラスター対策・検査体制の強化のためのPCRセンターの設置、陽性感染者のための医療体制の整備を急ぐ
  • 治療薬等の研究開発・ワクチン開発の加速

かつてない規模の経済対策で、事業と雇用を守り抜く

新型コロナウイルス感染症の影響で疲弊した社会活動、経済活動。その活力を取り戻し、回復基調へと転換させるために、200兆円超の補正予算を実行。また、納税や様々な公共料金の猶予などからも経済活動を支援。これからも皆様の声を吸い上げ、国政に反映させてまいります。

取り組みの一例
  • 雇用調整助成金・資金繰り対応の強化
  • 家賃支援給付金の創設
  • 個人向け緊急小口資金等の特例貸付
  • 観光消費喚起策の実施
  • 農林漁業者の経営継続補助金の創設

新たな社会の働き方の推進を支援

テレワークやオンライン会議など、ポストコロナにふさわしい働き方が定着した社会の実現に向け、「デジタルインフラの推進」をさせた上で、行政手続きもスピードアップ、「中小企業デジタル化応援隊事業」等、企業経営に必要なデジタルインフラの整備をしてきます。

学びの格差解消に向けた支援

新型コロナウイルス感染症は、教育現場にも多大な影響を及びました。これからの時代を見据えた教育環境のあり方を追求し、様々な施策を加速させます。また、就学を迷う学生に向けた「学生支援緊急給付金」を創設し、学生たちの未来を応援します。

取り組みの一例
  • GIGAスクール構想の加速、特に教育ICT環境整備等のための光ファイバー整備推進
  • 学校再開に伴う感染症対策・学習保護等
  • 今年の修学旅行を安心・安全に実施し、子どもたちの笑顔を取り戻す

Go To キャンペーン

まずは県内の皆様が日帰りで、次は1泊で私たちの知多半島に来て欲しい。この制度は修学旅行にも適用可能です。地元の観光や飲食、イベントなどを盛り上げる事こそ、私たちの暮らしの柱づくりです。